集団免疫獲得を試算する、集団免疫閾値とは??

集団免疫獲得を試算する、集団免疫閾値とは??

Liquid error (sections/main-article.liquid line 38): invalid format: %Y年%-m月%

皆さん、こんにちは!

キエルキン担当の加藤です。

 

コロナウイルスのワクチン接種が進み、最近は集団免疫という言葉を

よく聞くようになったと思います。

読んで字のごとくなので、なんとなく意味はわかる。

でも具体的にどういう状況なのか、わからない。

そうした方もいらっしゃると思います。

 

集団免疫について、厚労省が詳しく解説しています。

厚労省ー集団免疫とは何ですか?

一定以上の割合の人が、抗体を持つことでウイルス感染が抑制されることを言います。

具体的にいうと、100人のうち、90人の人がワクチン接種もしくはウイルスに感染して、回復したとします。

90人の人が抗体を持っている状態です。残り10人が抗体を持っていません。

抗体を持っていない10人の中で、1人が感染してしまいました。

この感染した人の中のウイルスは、次に人に移らなければ、やがて体の免疫によってなくなってしまいます。

このウイルスは生き延びるために、のこり99人の中から、抗体をもたない9人を探さなければいけない状況です。

出会える確率は10%ほど。探すのが難しいことが分かります。

探していても、見つからない場合、体の免疫によってウイルスたちは死んでしまいます。

もし誰にも移さずに、死んでしまうとウイルスはそこでなくなることになります。

これが集団免疫を獲得したと言える状態です。

ウイルスによっては、上記のような10%の人も見つけ出し、感染させる能力が高いウイルスもいます。おたふくかぜがその一つです。

 

この集団免疫を獲得したと言える状況が、ウイルスによって違いますが、

それを計算で出すことが出来ます。

集団免疫に用いられる数字は

基本再生産数(basic reproduction number:R0)と

集団免疫閾値(しゅうだんめんえきいきち)という二つです。

 

基本再生産数については、前回の記事を見ていただければと思います。

基本再生産数と実効再生産数について

集団免疫閾値とは「1-1/R0」の値です。

つまり、「1-(1÷R0)」ということになります。

これがおたふく風邪の場合はR0=15~18なので、

1-(1÷18)=1-0.06(四捨五入)

よって0.94=94% の人が抗体を持つ必要があります。

 

ワクチン接種や感染したことによって、抗体を持つ人が、

全体の94%になると、集団免疫を獲得したことになります。

しかし、おたふくかぜの症例報告はごく少数です。

これはワクチンによって抗体を獲得し、集団免疫を獲得したからだと言えるでしょう。

 

では新型コロナウイルスの基本再生産数から、集団免疫閾値を出してみましょう。

中国で試算された数値の高い値を取って5、

ダイヤモンドプリンセスの高い値3の

両方を使い2パターンを出し見ましょう。

基本再生産数5の場合→1-(1÷5)=1ー0.2=0.8

基本再生産数が5の場合は、80% の人が抗体を獲得する必要があります。

 

基本再生産数3の場合→1-(1÷3)=1-0.33四捨五入=0.67

基本再生産数が3の場合、67%の人が抗体を獲得する必要があります。

 

日本の場合は、全人口の50% 以上がワクチン接種が2回完了しています。

モデルナ、ファイザー製での抗体獲得率は90% 以上です。

50% の人が2回のワクチン接種完了しているとすると、

日本の人口の45% は抗体をワクチンによって獲得していることになります。

また人口の約1.3% の人が感染しています。

感染による抗体の獲得は、一番低いデルタ株で約75%です。

約0.97% の人は抗体を感染によって獲得している可能性があります。

話を簡単にするため、一度感染した人は、ワクチンは受けていないと仮定します。

ワクチンの接種によって、抗体を獲得している人が45%、感染によって抗を獲得している人は1%

46% の人は抗体を獲得していると考えられます。

67% の集団免疫さえもまだ遠いことが分かります。

感染を抑えながらだと、ワクチン接種による抗体獲得しかありません。

67% の人がワクチン接種によって抗体を獲得するには、約75% の人がワクチンを接種する必要があり、

80% の人が抗体を獲得するためには、約85~90% の人がワクチンを接種する必要があります。

 

イギリスでは66.3% の人が必要回数のワクチン接種を終えています。

これは人口比なので、子供を含めた全人口になります。

66.3% の接種をしているにも関わらず、感染が収まっていないことを考えると、やはり子供を含めた全人口80% が抗体を持つ必要があるのかなと感じてしまいます。

学校でもクラスター感染が起きていることを考えると、こども用のワクチン、または子供の体にも安全なワクチンが開発されなければ、コロナウイルスのパンデミックは収まらないのでしょうか。

 

これに対して、米国のワクチン研究グループのディレクターは、接種率が95%に達しても、集団免疫の獲得は難しい述べています。

これは変異株と獲得した抗体が、永遠に続くわけではないためです。

 

つまり、ワクチンと治療薬が充実し、感染者がある程度抑制される、重症化する確率が少なくなる。

すると医療逼迫が起きなくなります。そうした状況は早ければ来年度かなと感じます。

緊急事態宣言が解除されたら、また感染者が増えることを私たちは想定して、行動する必要があると、改めて思わされます。

 

次に感染者数が増えて、緊急事態宣言が出るとき、自分はどう行動するか、

いまから考えるのも遅くないかもしれません。

 

それではみなさん、よい週末をお過ごしください。

Have a great weekend guys!!

Related Posts

緊急事態宣言が解除されました
緊急事態宣言が解除されました
みなさん、こんにちは! キエルキン担当の加藤です。   皆さん、先週末はどのようにお過ごしでしたか? 昨日に、緊急事態宣言が解除されましたね! 緊急事態宣言が解除されて最初の月曜日です。   この緊急事態宣言が解除されたことで、感染状...
Read More
新型コロナウイルスの変異株の研究結果が少しずつ出てきました。
新型コロナウイルスの変異株の研究結果が少しずつ出てきました。
みなさん、こんにちわ!   寒かったり、暑かったり、体調管理が難しいです。 皆さんは、花粉症など大丈夫ですか?? 鼻が詰まり、口呼吸になると、体調が崩れやすくなるので、注意してくださいね!     本日は、新型コロナウイルスの変異株に...
Read More
えんとつ町のプペル光る絵本展in時之栖が開催されました。
えんとつ町のプペル光る絵本展in時之栖が開催されました。
みなさん、こんにちわ!   もう3月に入りましたね! 桜の季節になりました。 と同時に、花粉症の季節です。鼻水止まらず、目がかゆい・・・   皆さんの中にも、花粉症に苦しめられている人がいると思います・・・     さて、先日は御殿場...
Read More

コメントを残す