集団免疫獲得を試算する、集団免疫閾値とは??

集団免疫獲得を試算する、集団免疫閾値とは??

Liquid error (sections/main-article.liquid line 38): invalid format: %Y年%-m月%

皆さん、こんにちは!

キエルキン担当の加藤です。

 

コロナウイルスのワクチン接種が進み、最近は集団免疫という言葉を

よく聞くようになったと思います。

読んで字のごとくなので、なんとなく意味はわかる。

でも具体的にどういう状況なのか、わからない。

そうした方もいらっしゃると思います。

 

集団免疫について、厚労省が詳しく解説しています。

厚労省ー集団免疫とは何ですか?

一定以上の割合の人が、抗体を持つことでウイルス感染が抑制されることを言います。

具体的にいうと、100人のうち、90人の人がワクチン接種もしくはウイルスに感染して、回復したとします。

90人の人が抗体を持っている状態です。残り10人が抗体を持っていません。

抗体を持っていない10人の中で、1人が感染してしまいました。

この感染した人の中のウイルスは、次に人に移らなければ、やがて体の免疫によってなくなってしまいます。

このウイルスは生き延びるために、のこり99人の中から、抗体をもたない9人を探さなければいけない状況です。

出会える確率は10%ほど。探すのが難しいことが分かります。

探していても、見つからない場合、体の免疫によってウイルスたちは死んでしまいます。

もし誰にも移さずに、死んでしまうとウイルスはそこでなくなることになります。

これが集団免疫を獲得したと言える状態です。

ウイルスによっては、上記のような10%の人も見つけ出し、感染させる能力が高いウイルスもいます。おたふくかぜがその一つです。

 

この集団免疫を獲得したと言える状況が、ウイルスによって違いますが、

それを計算で出すことが出来ます。

集団免疫に用いられる数字は

基本再生産数(basic reproduction number:R0)と

集団免疫閾値(しゅうだんめんえきいきち)という二つです。

 

基本再生産数については、前回の記事を見ていただければと思います。

基本再生産数と実効再生産数について

集団免疫閾値とは「1-1/R0」の値です。

つまり、「1-(1÷R0)」ということになります。

これがおたふく風邪の場合はR0=15~18なので、

1-(1÷18)=1-0.06(四捨五入)

よって0.94=94% の人が抗体を持つ必要があります。

 

ワクチン接種や感染したことによって、抗体を持つ人が、

全体の94%になると、集団免疫を獲得したことになります。

しかし、おたふくかぜの症例報告はごく少数です。

これはワクチンによって抗体を獲得し、集団免疫を獲得したからだと言えるでしょう。

 

では新型コロナウイルスの基本再生産数から、集団免疫閾値を出してみましょう。

中国で試算された数値の高い値を取って5、

ダイヤモンドプリンセスの高い値3の

両方を使い2パターンを出し見ましょう。

基本再生産数5の場合→1-(1÷5)=1ー0.2=0.8

基本再生産数が5の場合は、80% の人が抗体を獲得する必要があります。

 

基本再生産数3の場合→1-(1÷3)=1-0.33四捨五入=0.67

基本再生産数が3の場合、67%の人が抗体を獲得する必要があります。

 

日本の場合は、全人口の50% 以上がワクチン接種が2回完了しています。

モデルナ、ファイザー製での抗体獲得率は90% 以上です。

50% の人が2回のワクチン接種完了しているとすると、

日本の人口の45% は抗体をワクチンによって獲得していることになります。

また人口の約1.3% の人が感染しています。

感染による抗体の獲得は、一番低いデルタ株で約75%です。

約0.97% の人は抗体を感染によって獲得している可能性があります。

話を簡単にするため、一度感染した人は、ワクチンは受けていないと仮定します。

ワクチンの接種によって、抗体を獲得している人が45%、感染によって抗を獲得している人は1%

46% の人は抗体を獲得していると考えられます。

67% の集団免疫さえもまだ遠いことが分かります。

感染を抑えながらだと、ワクチン接種による抗体獲得しかありません。

67% の人がワクチン接種によって抗体を獲得するには、約75% の人がワクチンを接種する必要があり、

80% の人が抗体を獲得するためには、約85~90% の人がワクチンを接種する必要があります。

 

イギリスでは66.3% の人が必要回数のワクチン接種を終えています。

これは人口比なので、子供を含めた全人口になります。

66.3% の接種をしているにも関わらず、感染が収まっていないことを考えると、やはり子供を含めた全人口80% が抗体を持つ必要があるのかなと感じてしまいます。

学校でもクラスター感染が起きていることを考えると、こども用のワクチン、または子供の体にも安全なワクチンが開発されなければ、コロナウイルスのパンデミックは収まらないのでしょうか。

 

これに対して、米国のワクチン研究グループのディレクターは、接種率が95%に達しても、集団免疫の獲得は難しい述べています。

これは変異株と獲得した抗体が、永遠に続くわけではないためです。

 

つまり、ワクチンと治療薬が充実し、感染者がある程度抑制される、重症化する確率が少なくなる。

すると医療逼迫が起きなくなります。そうした状況は早ければ来年度かなと感じます。

緊急事態宣言が解除されたら、また感染者が増えることを私たちは想定して、行動する必要があると、改めて思わされます。

 

次に感染者数が増えて、緊急事態宣言が出るとき、自分はどう行動するか、

いまから考えるのも遅くないかもしれません。

 

それではみなさん、よい週末をお過ごしください。

Have a great weekend guys!!

Related Posts

お盆休み期間中の発送のお休み
お盆休み期間中の発送のお休み
 いつもキエルキンをご愛用頂き、誠にありがとうございます。 気温が高い日が続き、コロナウイルスの影響と熱中症が重なり、 医療もかなり逼迫した状況が続いております。 お気をつけて、お盆の期間をお過ごしください。 なお誠に勝手ながら、下記...
Read More
発送再開のお知らせ
発送再開のお知らせ
発送を再開させていただきます。 明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層...
Read More
年末年始の発送お休みのお知らせ
年末年始の発送お休みのお知らせ
  いつもキエルキンをご利用いただいている皆様、 今年も残すところ、あとわずかとなりました。 本年は格別のご愛願を賜りまして、誠にありがとうございます。   来年も、みなさまに安心してキエルキンをご利用いただけますよう、精進していく次...
Read More

コメントを残す